内装業者にも種類がある!店舗内装工事業者のタイプとは?

これからお店をオープン予定の方にとって、内装工事会社の選定はとても大事なポイントになります。ですが、内装業者は専門性の高い分野になるので、どのようなタイプの内装工事会社があり、各会社の特徴など、分からないこともありますよね。ここでは、店舗内装工事業者のタイプをお伝えします。是非、業者選びの参考にして下さいね。

主な内装工事業者のタイプとは?

デザイン設計会社

デザイン設計会社では、店舗設計、デザインを行っており、施工に関しては別会社へ依頼する形になります。デザイン会社を利用する良さは、デザインに付けては他の業者よりプロになるので、お店のブランディングや動線も含めたデザイン設計が出来たり、デザインと工事が別なので、工事業者の相見積りが取れたり、これはデザイン会社に依頼することで可能なメリットです。
一方、デメリットには、先ずデザインが完成してから工事業者を探すので、工事着手までに時間を要することが挙げられます。また、デザインはお気に入りでも、予算内で収めるには妥協部分が出てくる場合もあります。店舗設計やデザインなどの費用はそれぞれの会社で変わってきますが、デザインにこだわりたいのであれば、デザイン会社の利用はお勧めです。

施工会社

施工会社では、基本的にデザイン設計はやっておらず、施工する際の職人を管理している業者になります。実際に店舗施工する職人へ直接依頼をするので、工事費用も抑えることが可能です。
デザイン設計も受注している所が多いのですが、自分で設計会社へ依頼する方が好みのデザインを選ぶことが出来、効率的な場合もあります。また、自分の会社で設計デザインを行っている所もありますが、質に関してはデザイン会社へ依頼する方が高いです。

設計施工会社

設計施工会社は、店舗のデザイン設計や施工も行うことが出来る業者です。なので、作業の進みが速く、予算の擦り合わせや打ち合わせも必要最低限で済ませることが出来ます。開業期間までに時間が無い場合には、設計施工会社は助かります。
しかし、監理と施工を同じ業者が担当して行うので、良心的な業者を選ばないと費用面でデメリットが出るので注意しましょう。設計施工会社への依頼では、他からアドバイス聞いたり、以前に利用した方の話を聞いたり、信用出来る会社か確かめることが大切です。

デザイン設計会社と施工会社は分ける・分けない?

同じ会社に依頼することに向いている方

同じ会社に依頼することがお勧めの場合は、計画段階で細かな工事予算を知りたい、メンテナンスの連絡を簡単にしたい、スケジュールが詰まって時間に余裕がないなど、このような方には同じ会社での依頼はお勧めです。
同じ会社に依頼する一番のメリットと言うのは、全ての窓口が一つの会社になるので、工事見積金額もデザイン検討時に確認出来たり、工事金額も上下することも少なかったり、工事をスムーズに進めることが出来ます。
一方、デメリットとしては、お店のメンテナンスも含めた工事費用になっているなど、トータル金額が割高であることと、工事費と設計費の内訳が分かりづらいことが挙げられます。

違う会社に個別に依頼することが向いている方

違う会社に個別に依頼することがお勧めの場合は、デザインにこだわりたい、比較的スケジュールに余裕がある、本社が都市で地方へ出店したいなど、このような方には違う会社に個別に依頼することがお勧めです。
設計と施工を個々に依頼することで、設計会社と施工会社で相談しながら話を進めていけるので、様々な角度から提案やアドバイスを受けたり、施工会社から相見積もりを取って比較検討したりすることも可能です。
一方、デメリットとしては、内装工事費もデザインが決定した後に施工会社から見積を取るので、色々調整する必要が出てくる場合もあり工事着手までに時間がかります。また、工事に関する窓口が二つになるので、責任の所在がわかりにくい点も挙げられます。

店舗内装工事業者を選ぶ際のポイントとは?

ネット上の一括見積りだけで選ばない

現代はインターネット社会なので、ネットでも簡単に相見積り依頼出来、比較することが可能です。顔を一度も見ずに契約まで出来る便利な時代ですが、つい見積金額の安さで選びがちになってしまい、そこに落とし穴があることに気付いているでしょうか?内装工事と言うのは、図面だけで正確な見積りは基本出ません。
なので、インターネット上で出た見積りは概算で、安く見積もって契約したは良いものの、後で価格を吊り上げる悪徳業者もいます。なので、見積りは目安として捉えることが大切です。また、他社に比べて価格があまりにも激安な見積り提示をしてくる業者、概算で大きな値引きをする業者、このような業者には悪徳業者が多いので避けましょう。

見積りでの不明点は必ずクリアにする

複数社からの見積りを取った場合、どの業者がどれだけ安いかに注目をするのではなく、平米単価や材料単価など共通項目比較が大事になります。そして、他業者に無い項目も見つけることです。そこを確認した上で、「他社より何故平米単価が安いのか」「この工程がどうして入っていないのか」など、見積書での不明点や疑問点があれば、細かいことであっても必ず質問をして聞くようにし、何がどう違うのかをクリアにていきましょう。
また、見積り比較でもう1点注意したいことは値引きです。価格に違いが出ている場合、材料の質を勝手に下げている、職人の質を下げる、手抜き工事の疑い、これが大きな理由に当てはまります。職人がアルバイト、外壁塗装で下地処理や補修をしないなど、利益目的の業者も中にはいるからです。このような事態を避ける為には、大幅値引きをする施工業者は排除し、上手い営業トークに流されないことが大切です。端数を揃える程度の値引きなら、業者としては問題ありません。

実績ある業者であること

店舗内装工事業者選びを突き詰めれば、同じ工事内容であればどの業者も価格は大体変わりません。自分の工事予算があると思うので、その予算内で納める場合には、素材グレードを下げたり、一部の工事を諦めたり、こうした妥協点はどうしても出てきます。しかし、自分の要望に付き合いながら、一緒に代案を考えてくれる業者であれば安心です。
また、代わりになるような提案も、経験や実績が豊富な業者であれば、より良い提案をしてくれます。各メーカー商品傾向もよく分かっているので、具体的なアドバイスや情報を得られます。それに、者を利用したお客様の感想から実体験に基づいた意見も聞けますよね。こうした意見も取り入れて参考に出来るので、自分が工事依頼する上で妥協できるポイントも見えて、より納得のいく内装工事を行うことができます。

アフターフォローがしっかりしている

どんなに注意深く施工を行っても、外的要因などで不具合が生じる可能性もありますよね。そのような場合でも、安心できるのがアフターフォローの補償です。依頼した施工業者には、どのような補償サービスがあるのか確認しましょう。

まとめ

ここでは、店舗内装工事業者のタイプをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?店舗内装工事と言うのは、工事さえ終わってしまえば良いというものではありません。きちんと要望が反映された内装で、快適に過ごせるお店になることも大切です。また、施工不具合は無いか、使い勝手は便利かなど、工事後もお店に寄り添ってくれる業者を選ぶことも重要です。内装業者にも様々なタイプがあるので、それぞれの業者の特徴を踏まえた上でしっかり業者を選んでいきましょう。